未分類

『携帯』 - 私の萌え画像2♪ - BGM マニック・ストリート・プリーチャーズ


マニック・ストリート・プリーチャーズ


 BGM 「Your Love Alone Is Not Enough」
  by Manic Street Preachers



今をときめくグリーン・デイ(Green Day)の「Know Your Enemy」って
オジサンなんかからすると、「ああ、やっぱマニックス好きだったのね」と思うんですけど
違ってます??

なんせ最近、車(レガシィ)の中で
毎日マニック・ストリート・プリーチャーズばっか聴いてるので
記事もマニックスだらけになります。オジサンってのは、ごくごく単純明快。

7月1日に、旧作がまたまたまとめてリリースされたので
前回(http://mylegacy.blog34.fc2.com/blog-entry-39.html)に引き続いて大人買い♪

BGMに選んだのは、今はもう前作になった「Send Away the Tigers」から
2007年、カーディガンズのニーナをゲストボーカルに迎えたヒット曲。
といっても、日本じゃ知る人ぞ知るなのかな、やっぱり。
ニーナのロリ声と、ジェームスの包容力ある声のミックス。
ほんで、めちゃくちゃポップでキャッチーなメロディー。
一度聴いたら必ず病み付きになると思いますです。歌っちゃうし。はい。
ところがどっこい、そんなメロディーに乗るニッキーの詩がまた意味深で。
マニックスの経歴をよく知ってるほど、いろいろ考えさせられちゃう。
そんな一筋縄単純じゃないとこ、どっかひねくれてるのが、
私がこのバンドに惹かれ続けてる理由かも。
そんなバンドとかロック・ポップスが好きです、昔っから。

。。。って、ちょいとリンク辿って、歌詞なんぞも味わってくださいましたら♪

そうそう。マニック・ストリート・プリーチャーズのデュエット曲といやあ
忘れちゃならないのが、トレイシー・ローズとのあれですね、あれ。
みなさまも過去たくさんお世話になりましたよね?トレイシー・ローズ。
私の世代より上の男性の方だったら、ご存知でしょう。
(よくわからないよい子の皆様、ならびに女性の方は、検索ででもお調べください♪)

いや、ほんと、改めて聞き返して思ってるんですけど
デビュー作「Generetion Terrorists」、名曲揃いだったなと感無量なこの頃です。
(だいたいデビュー作で、そのバンドの「器」とかわかるもんですよね!。。。馬も、ですが。。。)
でわ、もういっちょ付け加えておきます。トレイシー・ローズとのデュエットで


 BGM 「Little Baby Nothing」 by Manic Street Preachers


ほんの蛇足:
最初はカイリー・ミノーグにデュエット打診したとかなんとか。
歌の内容が内容だし、
出た当時のマニックスなんて相手にされなかったのかな?カイリーに。
ほんでぴったりはまり役なトレイシー・ローズが歌った、とか。
マニックスがビッグになってから?、カイリーとデュエットしたバージョンも
ありますよね。カイリーには別の曲も贈ってたり(ごますりすり?)もしてましたっけ。
よくわかります。ジェームス?ニッキー?の好み。
オジサンも、カイリーみたいなタイプは大好きですから。わかりやすくて♪
ちなみにニーナのぶさかわいさ、声に、ころっときちゃうのもわかります、わかります。
(でも、マドンナまでいっちゃうとだめなんですよねえ。。。。わかります??)

ラブコール Back Next ラブコール

BGM lyrics linked from Tube365.net



ご愛読、ブログランキング応援等ありがとうございます♪


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next